泳いで沖縄本島1周 7日目 名護市屋我地島-大宜味村喜如嘉を越えたビーチ 18km

夜が明けてテントの中が薄明るくなり目が覚めた。5時半。数日前に沖縄の梅雨明け宣言があったが、それからずっと天気と海況がいい。今日は屋我地島から辺戸岬の方向へ泳ぐことになるが、追い風の南西風が程よく吹く予報だ。いつもと同じように準備して、7時過ぎに出発。右に国道58号線が走る岸を見ながら淡々と泳ぐ。広くて浅くて泥っぽく、泳ぐ前から分かっていたが、退屈な海だ…と思っていたら、なんだかものすごく大きい機械が沈んでいる。

左下に階段が見える。海図には、沈船等の印はない場所だけど、やはり船なんだろう。住処にしているらしい大きなシロクラベラ(高級魚)がこちらの様子をうかがっていた。

昼食に、海沿いにある食堂に上陸。外席があるから、ここに決めていた。昼食を済ませて一休みしてから、塩屋湾の湾口を横断にかかる。船の姿も見えず、航路も見通しが良くて不安感は少ない。問題なく進みほぼ横断を終えるあたりで、ハブクラゲ発見、というか気づいたら目の前にいた。全長20cmくらいの小サイズだったが、死亡例もある毒の強いクラゲだ。びっくりしてよけて泳ぐ。それからは、水が濁り気味であんまり見えないが、必死に前を見ながら泳いだ。湾を渡りきるまでに同サイズのもの数匹。
平坦で単純な海岸線だ。途中、沖縄本島では珍しいイシダイを見たが写真撮影失敗。背中に荷物があるので潜ることが出来ず、逃げられてしまった。潜れないのは不自由で苦痛だ。
荷物を運ぶ方法はいろいろトライした。最初は直径15cmの太い排水パイプで防水ケースを作って、それをお腹の下に固定して泳いだ。ウミガメのお腹にコバンザメが付いていたりするが、ああいうイメージだ。一応、泳げる。泳げるが、人はフィンキックのたびに加速と減速を繰り返していて、キックした瞬間に進み、キックの合間は減速する。その加速の時には防水ケースは遅れ、減速の時に追いついてくる。防水ケースが前後にガチャガチャと動いて不愉快だ。どうにも気になる。お腹側に太くて長いケースがくっついているので不自由感もかなりある。コバンザメ方式はボツだ。
次に防水ケースをロープで曳航する方法を試した。引っ張る防水ケースは紡錘形がいいのだろうが、そこまで試作に時間を掛けられないのでやっぱり円筒形だ。これに荷物を積めて、水とほぼ同じ比重になるように重さを調節して、水中にふわふわ漂う荷物にする。これを引っ張ってトレーニングがてら瀬底島を1周(8.5km)した。やってみると、防水ケースが水中で正しい姿勢を保っている間はまあまあ泳げるし、荷物を身に着けてないので普段と変わらない感覚で泳げるからいい。だが、ケース先端をロープで引っ張っているのに、意外なほどケースは水中で姿勢を乱す。斜めや横向きになったりする。そういう時はものすごい抵抗で後ろに引っ張られるように感じる。すごい抵抗を感じながらの瀬底島1周3時間は苦行だった。この曳航方式もボツだ。どうも、防水ケースを運ぶ方式はよくないらしい。
防水ケース方式には見切りをつけて、今度はビニール布製の防水バッグに荷物を積めて背中にしょってみた。「荷物を背中にしょったら自分が沈んじゃうに決まってる」と思って今まで試してなかった。だが、やってみると、意外なほどよかった。沈まない。荷物は6キロくらいあるのに、背中にしょっても体は沈まない。不思議なほど沈まない。お腹側に荷物がないので、ある程度の自由感もある。今までで一番良い。これで荷物は背中に決まり、飲み物パックはお腹側に付けるとこれも具合よく、それぞれ確実に固定できるようにウエットスーツを何度か改造して、OKになった。もちろん荷物がない状態と比べると身動きはしにくく、しかも潜ることが出来ない。それでも他の方法より相当マシというところで、荷物が多少うっとうしいのは仕方ない。
さて、今日の水中は泥っぽくてつまらないし、ゴール地点が遠く感じる。長い距離を泳ぐのは「ただぼんやり泳いでいるとそのうち着く」というものでもなく、集中力が必要だ。泳ぐことに意識を注いでいないと時間が経たないし、距離も稼げない。「集中して泳ぎ続けていたら、思ったよりも早く目的地に着いちゃった」というのが理想だが、今日はそうではないようだ。「なかなか進まないな~」とか考えている。そういう時に水中がきれいならば楽しみながら進めるのだが、今日はそれもない。ただただ泳ぐことを要求される。午後3時くらいに、芭蕉布で有名な喜如嘉集落の向こうの浜に上陸。「ようやく着いた」という感じで売店に行ったら、「沖縄本島を泳いで1周?今日は屋我地島から泳いできた?!」といろんなものを頂いてしまった。パクパク食べた。パインがフレッシュでものすごくおいしい。

ごちそうさまです。
テントから一枚。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする