なんで泳いで沖縄本島一周するんでしょう。

泳いで沖縄本島1周のスタートがあと1ヶ月くらいだ。

ところで、なんで泳いで1周するんだろう。
自分が調べたり聞いたりした範囲では、いままでにそんなアホなことをした人はいないようだ。

普通のシュノーケリングよりちょっと遠くまで泳ぐと、見たことがないものを見られたりする。もっと広く長く泳ぐと、もっと見たことがないものを見られたりする。

これを極端にしたのが今回の計画で、「もっと水中を広く見てみたい」というのが主な動機になっていると思う。

僕は20歳の時に、高校の時の友達に誘われて初めてシュノーケリングをしたのだが、初めて海の中を見たその時、水中には水中の世界が広がっていることに驚いた。それまでは陸がすべてだと思っていたのだけれど、そうではなく水中にもいろいろな物があって、すなわち世界が2倍になったような驚きを感じたわけだ。
だからといってそれが水中に潜る理由にはならないはずなのだが、どういうわけか僕はその時に「オレ、水中担当になる」と思ってしまって、それ以来そういうことをしている。

本当は水中をくまなく泳ぎ回って、石の裏ひとつひとつを、穴ぼこのひとつひとつを素潜りで覗いて回って水中のすべてを知っている人になりたいのだが、それは無理なので、とりあえず泳いで一周してみようと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする