「ブランコを作ろうとした男性が大怪我しました」的なやつ

息子が風邪を引いてずっと家にいる。
今日はやや元気になったのだが、年度末で保育園は休み。家で遊んでやるのも飽きたので、「よし、今日はブランコを作ろう」なんてステキなお父さん風のことを言ったら、喜んだ。
喜んだが、よく考えたら若干問題点があった。

気分的にはこんな感じだった。

脚立の天板に立てば届くでしょ、天板に立っちゃいけないって書いてあるけどヘーキヘーキ、なんて思っていたらとんでもない、全然届かない。

「高くで届かないから止めよう」なんていまさら言いにくいしねぇ。あんなこと言わなけりゃよかった。風が吹くと枝がゆっくりと揺れて、恐怖そのものだ。

枯れた枝につかまらないように気をつけつつ、完成。

命を懸けてブランコを作ったという話。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする