チビイソマグロ

イソマグロ。

鼻先を狙って、結果的にうまく頭を突くことができた。

魚を狙っていて「よし、今だ」と思ってから、モリが飛んでいって刺さるまでの間に、よく泳ぐ魚は進んでしまい、頭を狙ったはずがど真ん中にあたったりする。今回は早めにイソマグロを発見していたので、心の準備が出来て、狙い越し(未来位置を撃つこと)がうまくいった。

大きなイソマグロは「身が水っぽく臭みもある」そうだが、チビサイズはいつもおいしい。

海はオフシーズンで仕事もなく、ここしばらく半日家の作業をして半日海で遠泳トレーニングか魚突き、というのを繰り返している。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする